宮部みゆき「聞こえていますか」

2012.12.16(Sun)


返事はいらない (新潮文庫)返事はいらない (新潮文庫)
(1994/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


音に関する本ということで、今回は宮部みゆきのミステリ短編集『返事はいらない』に収録されている「聞こえていますか」をご紹介しようと思います。本のレビューのカテゴリで宮部みゆき作品を取り上げるのはもう3回目ですね。なぜ多いのかと訊かれたら「だって好きなんだもん」としか答えられませんが(笑)。

勉(つとむ)の母と祖母は日頃から折り合いが悪く、とうとう別居することになった。古い一軒家に両親と共に引っ越してきた12歳の勉は、その日の夜、鏡に映った不審な人影を目撃する。そして翌日、この家に残されていた旧式の電話機の中から盗聴器を発見してしまうのだった。以前この家に住んでいたという一人暮らしのおじいさんは、もしかしたらスパイだったのではないか? 調査を開始した勉が探り当てた真相とは…。

宮部みゆき作品が3回目なら、盗聴器の出てくる作品を取り上げるのは4回目です。これには自分でもびっくりですね。盗聴器については好きな訳ではありません(笑)が、ミステリ好きな私が紹介する音に関する本、という括りの中では登場頻度が高くなるのも仕方ない事なのかもしれません。

この「聞こえていますか」にはいくつかの音が登場します。祖母との別居を密談する両親のヒソヒソ話や、夜中に聞こえる不審者のかすかな足音といった小さな音。そして、時を選ばず出し抜けにけたたましく鳴る旧式電話のベル音や、運転の下手な隣人が車庫入れをする時のエンジンの空ぶかしの音といった大きな音。これらの音のコントラストが作品に絶妙のサスペンス効果を加えている上に、音を含めたすべての状況や事柄が見事に収斂し、心に染みる結末へと繋がっていく構成は、まさに宮部みゆきの真骨頂と言えるでしょう。

さて、この「聞こえていますか」の大きなテーマとなっているのが「本音と建前」の、特に「本音」の部分であることは誰もが認めるところでしょう。私はこの作品を読んで「ホンネ」の「ネ」は、なぜ「音」と書くのだろうかと思った訳です。「本心」という意味で用いられる言葉だとすると、ホンネのネは「根」のほうが近いような気もするのですが…。
調べてみると、本音とは「本心から出た言葉」とありました。本心じゃなくて言葉なんですね。それなら納得です。そもそも「心」は見る事も触る事もできません。私たちが「心」を表現したり伝えたりできるのは「声」だけなのです。それは言葉や歌、すなわち「音」なんですね。まあ身振り手振りや踊りなどで感情を表現することはできるでしょうが、それは「心」を表しているとは言い難いと思いますし、文字は言葉を記号化したものですから、生身の体で表現できるものとは違うと言えるでしょう。

極端に言えば、言葉を発さなければ心は伝わらないし、お互いの姿が見えなくても物理的な距離が離れていても電話などで肉声が通じれば、心は伝わるのではないでしょうか。こういう事を考えると、また「音」の偉大さを痛感する訳です。
大切な人とのコミュニケーションに危機感を持ったとき、相手の本音を聞き出すことのできる盗聴器があったらいいのに、と思った事はありませんか。…おっと、ネタバレ注意ネタバレ注意。


宮部みゆきは長編・短編を問わず評価の高い大人気の作家ですが、短編小説に限って言えば、とりわけ初期の作品に傑作が多いと思います。この短編集『返事はいらない』もそのひとつで、名作「ドルシネアにようこそ」をはじめとする6編のハートウォーミングなミステリが収録されています。
未読の方は、ぜひご一読を。


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

COMMENT

PATTI

さはんじさん、おひさしぶりで~す、こんばんわ!

前に、注文した本のこと。
サウンドスケープです。
なんと、お小遣いがそこを付いて買えなくなって・・・

でも、また懲りずに注文しましたので、
飛鳥、あさって、着くと思います。ホッ

ついでにこの記事の『聞こえていますか』の入った『返事はいらない』も、買っちゃいました(笑

読む時間と根気があるかどうか・・・が、問題だ

2012.12.18(Tue) 19:59 | URL | EDIT

さはんじ

Re:

>PATTIさん
コメントありがとうございます。

どもども、お久しぶりです。ここ数日、忙しくてネット落ちに近い状態だったりします。
皆さんのブログにもなかなか訪問できずにすみません。と、こんな所でお詫びしたりして(^^;。

サウンドスケープはともかく、宮部みゆきはとても読みやすく、読み始めたら止まらない類の本ですから大丈夫だと思います。「心配はいらない」と思いますよん(笑)。

今回の変換ミスもイカしてますね(^^;
さだまさしに『昨日・京・奈良、飛鳥・明後日』という歌があったのを思い出しました。

2012.12.18(Tue) 22:55 | URL | EDIT

PATTI

さはんじさん、こんばんわ。

『大根が煮えるまで』
いえいえ、本のタイトルじゃなく、今の状態です。
大根が煮えたら続きを作らねば・・・
『昨日・京・奈良、飛鳥・明後日』
いいですね!
わたしのは、このXPが悪い。
いっ津も変な変換で、選択するの、大変なの。
ほらまた。何で『津』なのよ・・・

『返事はいらない』と、『サウンドスケープ』まだ来ません。クリスマスは忙しいんでしょう、遅れ気味になりますね。正月、ゆっくり読むことにしましょう。

あ、大根煮えたころだ!


2012.12.20(Thu) 19:13 | URL | EDIT

さはんじ

Re:

>PATTIさん

どもです。
誤変換も楽しんでしまうくらい心を広く持ちたいですねえ。
ほら、オヤジギャグのネタ元になるときもありそうですし…(^^;

お正月にゆっくり読書、これ、いいですね!

2012.12.20(Thu) 23:34 | URL | EDIT

PATTI

届いた、届いた!

今日、2冊同時に届きました。

今晩読めるわ。明日休みなんだ。
夜に、マリモメンバーの結婚パーティが神戸であるんで、
美容室行ったりするんですけどね。

楽しみです。
さはんじさん、忙しそうですね。

夜、ゆっくり休めるように
おまじないをかけてあげましょう。

○×△□※&$#?!!

KOREDE DAIJOHBU

2012.12.21(Fri) 21:22 | URL | EDIT

さはんじ

Re: 届いた、届いた!

>PATTIさん

どもです。
おめでとうございます、よかったですね(^^)
ゆっくりじっくりお楽しみくださいませ。

おまじないありがとうございまーす。

2012.12.21(Fri) 23:38 | URL | EDIT

ももPAPA

本音と建て前はあるにせよ、心の内を表現できる話し言葉や歌ってほんとに凄いもんですね!

電話で話すとき 会ったことのない人でも 自分なりにイメージが描けるのは 言葉の音の抑揚 高低 声質など その人が話す言葉が発する力そのものなんでしょうね。

そして、また思うのは 目力っていうのか目の表情
目は口ほどに物を言う って言葉もありますが

言葉が通じないワンコたちでも、その目を見ていると 彼らがどんな要求をしてるのか、どんな思い?でいるのか伝わってくる それも思います。


2012.12.23(Sun) 00:38 | URL | EDIT

さはんじ

Re:

>ももPAPAさん
コメントありがとうございます。

そうですね。人間に限らず、心を伝えようとする意志と、受け取ろうとする意志があれば、お互いに心が通じるのかもしれません。
電話やインターネットが当たり前のように普及している現代でも、お互いに顔をあわせて心を伝え合うことがコミュニケーションの基本なのでしょうね。

2012.12.24(Mon) 10:05 | URL | EDIT

cyah

こんばんは。

今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

2012.12.31(Mon) 22:43 | URL | EDIT

さはんじ

Re:

>cyahさん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

2012.12.31(Mon) 23:00 | URL | EDIT

PATTI

さはんじさん、あけましておめでとうございます!
年内にと思ったのに、間に合わなかった!

旧年中は大変お世話になりました。楽しい会話、オヤジギャグをまた今年も、楽しみにしています。

今年、素敵な年になりますように!

2013.01.01(Tue) 00:07 | URL | EDIT

さはんじ

Re:

>PATTIさん
あけましておめでとうございます。

こちらこそよろしくお願いいたします。
良い年になるといいですね(^^)

2013.01.01(Tue) 17:17 | URL | EDIT

こむらん

意外に細工や冒険がふんだん

宮部さんは新作の『ここはボツコニアン』からなので、
「返事はいらない」も詠んでみたくなりました。
これは図書館行ってこなくちゃ。
いろいろなサイトを探したり訪問したりしていて、かなり
濃厚な解説をしているサイトが
http://www.birthday-energy.co.jp
なんですが、「時間をかけて新しい世界を構築」したり、
「意外に細工や冒険がふんだん」なんだそうです。
長編、もしかしたらお得意なのかも。

しかしwikiによると、オンラインゲームは止められているってのが気になった・・・。
なんでも始めたら止められないみたいですね。
きっと作品を作るときも夢中になってしまうのでは・・・?。

2013.01.06(Sun) 00:42 | URL | EDIT

さはんじ

Re: 意外に細工や冒険がふんだん

>こむらんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

宮部みゆきはまだあまり読まれていないのですね。
これからたくさん読むことのできるこむらんさんが少し羨ましいかもです。

短編も長編も良いですよ。また、現代ものから時代もの、ミステリ、ホラー、SF、ファンタジーと、様々なジャンルで素晴らしい作品を書いている作家ですね。
現代ものの長編なら「火車」「魔術はささやく」「レベル7」あたりが私のお薦めです。

2013.01.06(Sun) 14:25 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。