タカラトミー 赤ちゃんけろっとスイッチ

2010.05.31(Mon)


ベビープー 赤ちゃんけろっとスイッチ ふうせんベビープー 赤ちゃんけろっとスイッチ ふうせん
(2007/04/05)
タカラトミー

商品詳細を見る


ぐずり泣きをしている赤ちゃんを、音で泣き止ませるという恐るべき力技(?)のグッズです。玩具メーカーのタカラトミーが日本音響研究所と共同開発したというこの「赤ちゃんけろっとスイッチ」は、私の子供にも確かに効果的でありました。というより、本当に大変お世話になりました、と言った方がいいかもしれません。

「赤ちゃんけろっとスイッチ」には2つのボタンがついています。ひとつは赤ちゃんが自分で押して遊ぶボタンで、コミカルな効果音が2種類と短い童謡が1曲、計3種類の音がボタンを押す度に順番に鳴ります。童謡は単純な電子音です。もうひとつはパパママが押すボタンで、赤ちゃんの好奇心を刺激して泣き止ませる「けろっとメロディ」が、かなり長時間鳴り続けます。こちらは長押しする必要があるので、赤ちゃんが触れても鳴りだす事はまずないでしょう。他に、オン/オフのスイッチと、2段階の音量切り替えスイッチがついています。

音質は、そりゃあもうヒドいもんです(笑)。特にパパママ用の「けろっとメロディ」は、本体のスピーカーのチープさもさることながら、音声データを軽くするためでしょうが歪みまくっていて、はっきり言って私にとっては聞くに堪えない最悪の音です。しかし、これは用途が用途ですから、私の意見なんぞどうでもいいのです。赤ちゃんが泣き止む、という目的さえ達成できるのなら、音質を犠牲にしてもコストダウンに力を入れるべきなのでしょう。きっと私も効果が同じなら安い製品を選ぶと思います。でも、中には高価格になっても赤ちゃんには良い音を聞かせたい、という人もいるかもしれません。そういう人のために高音質バージョンの製品があってもいいかな、とは思います。売れないでしょうけど(笑)。

これは赤ちゃんの機嫌をなおすのではなく、赤ちゃんの注意をひいて気分を切り替えるためのグッズです。私の購入した製品の「けろっとメロディ」は「くまのプーさん」でした。テンポがコロコロ変わり、コミカルな効果音がたくさん散りばめられていて、たしかに赤ちゃんが興味を持ちそうな音です。簡単そうに見えて、きっと音響心理学やら何やら深く研究されているのでしょうね。もちろん個人差はあるでしょうが、私の子供には効果絶大でありました。特に外出のときなどは本当に助けられました。

ところで、赤ちゃんはレジ袋などの、あの耳障りなガサガサ音が大好きです。これはどうやら母親の胎内で聞いていた音に似ているから、らしいのですが、もしかしてこの製品のヒドい音質も、同じように赤ちゃんが好む質感なのでしょうか。

…考え過ぎでしょうね(笑)。


 いろいろな「赤ちゃんけろっとスイッチ」を見る


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。