音の形容句

2010.07.03(Sat)


このブログでは、文章で音を表現するという、考えてみれば相当無茶な試みをしています。といっても文字中心のメディアでは当たり前のように行われている事ですし、オーディオファンの中には音を言葉でいかに適切に表現できるかに懸けている人もいるかもしれませんね。
一般的には、音量を表す「大きい・小さい」や、音程や周波数を表す「高い・低い」といった形容詞がすぐに思い浮かびますが、音質を表す言葉となると、これが幅広くてなかなか一筋縄ではいきません。

まずは音の状態を表す言葉を挙げていきたいと思います。客観的な言葉としては、

音量:「大きい音・小さい音」「強い音・弱い音」
音程:「高い音・低い音」
音長:「長い音・短い音」

などがあります。その他に、多分に主観的な言葉になりますが、

「良い音・悪い音」「きれいな音・きたない音」
「自然な音・不自然な音」「迫力のある音・ない音」
「繊細な音」「くすんだ音」「ナマナマしい音」「鮮やかな音」「いきいきとした音」

といったものが思い浮かびます。
抽象的な表現が多いですが、どんな音かイメージできるでしょうか。

次に、音質を表す言葉になると、今度は具体的な比喩が多く使われます。元々音は目に見えませんし、形もなく手に触れることもできないのですが、

「明るい音・暗い音」「細い音・太い音」「固い音・柔らかい音」「軽い音・重い音」
「尖った音・丸い音」「薄い音・厚い音」「冷たい音・暖かい音」「乾いた音・湿った音」

などといった言葉があります。これらは主に周波数の分布状態を示す表現で、前者は高域に、後者はそれよりも低い帯域に特徴のある音です。が、それぞれ皆ニュアンスが違いますね。
面白いのは、前者に「明るい」と「冷たい」が、後者に「暗い」と「暖かい」が同居している事です。周波数の分布状態だけでは音の印象は決められないのかもしれません。
「固い」とか「湿った」という表現は、実際に固い物や湿った物を叩いた時の音を基準にしていると思われます。現実の経験から生み出された表現なのでしょう。
しかし、「尖った」とか「明るい」なんて、どこから得た表現なのでしょうね。よくよく考えると不思議でなりません。

更には、
「ヌケの良い音・悪い音」「締まった音・あまい音」「貧相な音・豪華な音」「こもった音」
「弾力のある音」「ツヤのある音」「ザラついた音」「金属的な音」「耳につく音」等々…。
独特な表現がたくさんあります。

そのうちに「ムラサキ色の音」とか「ピリ辛な音」なんていう表現が出てくるかもしれないですね。
もしかしたら、音の連なりである音楽を表現する言葉の中には、こういったものが既にあるのかもしれません。ミュージシャンの皆さんはこんな言葉を使っていたりするのかな。まあ、要は相手にイメージしている音が伝わればいいのですから、この世界では日本語崩壊などという懸念とは無縁なのです。そう、音の表現は自由なのです! …何かちょっと違うかな? あはは。

サウンド・サイドでは、これからもこういった不思議で面白い言葉たちを駆使して、様々な音を表現していきたいと思います。


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

COMMENT

まーる

φ(.. )

音を表現する言葉がたくさん飛び出してきましたが
ホント、目で見ることも手で触れることもできないのに
まるでそうすることができるかのような表現が多いのって
面白いですね( ´艸`)
しかも、その感じ方が人によって違う、というのではなく
ある程度みんな共通してるような・・・(・∀・)
最近、心理学の本を読んでいたら「元型」なんて言葉が出てきましたが
これもそういうことなのかな?なぁんて思ってみました。
(全然違ってたら恥ずかしいけれど 汗)

なんとなく・・・
音そのもの(?)に対しても
それぞれイメージがあるような気がするのですが
・・・わたしだけでしょうか?| 壁 |д・)
うまく言えないけれど、たとえば
♪ファ は女性っぽい、♪ソ は男性かな?とか。
どうしてそうなのかが自分でも分からないですが(;´▽`A``

と、記事と話がズレてしまっていたらごめんなさいヽ(;´Д`)ノ (笑)

2011.08.06(Sat) 07:10 | URL | EDIT

さはんじ

Re: φ(.. )

>まーるさま
コメントありがとうございます!

たぶん、ですけど、音を表現する言葉は経験に大きく影響されているような気がします。
経験の乏しい幼児などには「冷たい音」なんて言っても理解できないでしょう。
でも、「暖かい音」はよく聞く言葉ですが、「熱い音」ってあまり聞かないような…。
考えれば考えるほどに不思議です。

ファが女性っぽいというのは、面白いですね。
メロディを奏でたときに、ファとシは隣の音と半音しか離れていないからちょっと他とは違う感じがするのでしょうか? そのイメージが単音を聞いたときにも残っているのかもしれませんね。

2011.08.06(Sat) 22:21 | URL | EDIT

Ryoji Suzuki

さぶどみなんと

まーるちゃん!

>♪ファ は女性っぽい、♪ソ は男性かな?とか。

やっぱ
まーるちゃん、
すげぇや♪

そーだよね。

SD(サブドミナント)-D(ドミナント)

の進行、
ドミナントへいくために
サブドミナントが支える。

C key で考えれば
Fは進行をGへ強く誘引する。

いわば
家計を支えるのに、
働く男性(G7=D)に対し
女性(Fmajor=SD)がサポートする、
というような
スタンダードな流れに、
そのイメージに、
よくマッチしてる♪

ね♪

♪♪♪さはんじさん♪♪♪
そっすよね(^o^)?

ボク、まちがってないか、
今度、
浦太センセにも聴いてみようっと♪

2011.08.24(Wed) 00:33 | URL | EDIT

さはんじ

Re: さぶどみなんと

>Ryoji Suzuki さま

おひさしぶりですっ。そしてコメントありがとうございます。

たしかに和音は単音よりもイメージが広がりやすいですね。どっしりしたイメージのドミナントと、そこに導くようなイメージのサブドミナントは、それぞれ男性的・女性的と言えるかもしれません。

ただ、現代社会において、何が男性的であり女性的であるのか、とか、ライフスタイルのスタンダードはどんな形なのか、については断定しないほうが無難かな、という気はします。
もちろんこれはイメージの話とはまったく別の問題ですけどね(^^;。

2011.08.24(Wed) 23:00 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。