サウンドレビューのジレンマ

2011.09.30(Fri)

このブログの主な記事はCDのサウンドレビューです。CDレビューのサイトは数多くあって、例えば私も参加している「にほんブログ村」のランキングでCDレビューのカテゴリに登録しているブログは今日現在で1196あります。その他のブログやホームページなどを合わせた総数はそれこそ想像もつかない数に上ると思いますが、CDのサウンドレビューと銘打ったサイトはほとんど無いのではないでしょうか。

それにはいくつかの理由が考えられますが、そのひとつは、CDを聴く環境は人それぞれに違っていて、それによってサウンドも大きく変化してしまうから、でしょう。
CDプレーヤー、アンプ、スピーカーもしくはヘッドホンなどのオーディオ機材と、それらの結線や設置環境、試聴環境などによって音はまったく違って聞こえてしまうものなのです。同じCDを聴いても、自分と他の人で聞こえる音が違うのでは、レビューの意味がありません。例えば、レビュー記事で「太く重いベースの音に迫力が感じられる」などと書いたとしても、読者側のオーディオ環境が低音をしっかりと再生できないものだったとしたら、その記事には共感できないでしょう。
音やオーディオに詳しい人ほど、そういった事がよく分かっているので、サウンドレビューは敬遠してしまうのだと思います。

また、このブログのレビュー記事でも少し触れましたが、CDは何度も再発売を繰り返すことがあり、その度にマスタリングが施されてサウンドが変わっている可能性がある、というのもサウンドレビューの障害になります。通常の再発売であればそのサウンドの差は微々たるものでしょうが、これも試聴環境によっては大きな違いになる事が無いとは言えません。はっきりとリマスタリング盤と謳ってあれば、そのサウンドの違いは誰もが分かるほどでしょう。

そして、もしかしたらサウンドレビューサイトが少ない一番大きな理由は、音楽は好きだけど音自体にはあまり興味がない、という人が多い事なのかもしれません。音が大好きな私としては大変寂しいことなのですが。

きちんと調整されたリスニングルームで、高級オーディオ装置を使ってCDを聴けば、たぶん多くの人がその音の違いに気付くでしょう。でも、普段の環境で聞いている音楽だって、ちょっと注意深く聴けば、今まで気付かなかった色々な音が聞こえてくるはずなのです。そんな事に気が付いてもらえたら、そして少しでも興味を持ってくれたら嬉しいなと思い、始めたのがこのブログです。

サウンドレビューは前述したような大きなジレンマを伴っています。が、しばし悩んだ末に私の出した結論は、共感なんか得られなくてもいいじゃん、私にはこう聞こえたよ、という提示をすればいいんじゃないか、というものでした。その記事を読んで、じゃあ私もちょっと注意して聴いてみようかな、と思ってくれる人がいたら最高です。
もちろんある程度は試聴環境の違いを考慮して、あまり細かい記述は避け、多くの人に納得してもらえるような表現を使うように心がけてはいます。ジレンマは無視するのではなく、しっかり意識しておくべきですよね。

あ、私は別にサウンドレビューをしてほしいと言ってるのではありませんよ。こんな厄介なもの(笑)は、とても人様にお勧めすることはできません。
でも、もし、もしもあなたがサウンドレビューのサイトを立ち上げたら、必ず読みに行きますのでURLを教えて下さい。えへへ。


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

COMMENT

Ryoji Suzuki

れびゅ

れびゅー
ぶらぼーっす♪
同じCDテイクの
違う表現サイコーっす♪
みんな
ちがう環境で
ちがく聴こえて
はっぴーっす♪
でも
おんなじく聴けたら
これまた
LOVE LOVEで
いいすよね♪
さはんじさんの
れびゅ、
基準にするっす。
みんな
それでよろしアル、
おもてるでおじゃるよ♪
きっと。えへへ。
Ryoji Suzuki(^o^)♪

2011.10.04(Tue) 09:20 | URL | EDIT

さはんじ

Re: れびゅ

>Ryoji Suzukiさん
お久しぶりです、お元気ですか。コメントありがとうございます!

いやいやいやいやいや、基準にされても困るアルよ。
(あ、うつった。…昔のアニメに出てくる謎の中国人みたいだなあ)

基準はみなさんそれぞれが持っています。
それこそが自然で、はっぴーな事じゃないっすかねえ。

2011.10.04(Tue) 11:12 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。