2011年11月の検索キーワード

2011.12.01(Thu)

恒例になりました(無理矢理してる感もあります)「サウンド・サイド検索ワード申告」、略してサンサイケンシン(3歳検診?)、11月の検索ワード申告です。

今月はこれまでより来訪者がぐんと増えました。本当にありがたい事で、感謝感謝です。
検索サイトから来てくださる方も2倍くらいに増えて、集計するのが大変だあと、こっそり嬉しい悲鳴をあげている私なのでした。

 第1位 「井上陽水 断絶」 →関連記事はこちら
 第2位 「鳥越けい子」 →関連記事はこちら
 第3位 「さだまさし 夢供養」 →関連記事はこちら
さはんじ賞「髪を切りました」 →関連記事はこちら 

ひとこと
第1位の「井上陽水 断絶」というキーワードで検索をかけて来る人は本当に多かったです。約40年前(!)のアルバムですが、興味を持っている人がたくさんいるようですね。
さはんじ賞、このワードで検索をかけて、一体何を調べたかったのでしょう?
あと、賞には入れませんでしたが「講座」という検索ワードもありました。これでよくこのブログにたどり着いたものだと感心してしまいます。


それでは、記事ごとのランキングです。

 第1位 Yellow Magic Orchestra『SOLID STATE SURVIVOR』
 第1位 Paul Simon『Graceland』
 第1位 音の基礎講座7 音を打ち消す?
 第2位 鳥越けい子 「サウンドスケープ その思想と実践」
 第2位 さだまさし『夢供養』

今月も同数票で1位が3つ、2位が2つです。CD関連はアルバムタイトルで検索をかけてくる人が多いようです。そして音の基礎講座がランクインしてきたのはびっくりです。「逆位相」や「音を打ち消す」といったキーワードでの検索が多く、興味を持っている人が案外たくさんいるみたいですね。


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

COMMENT

まーる

((φ(..。)

来訪者が“ぐんと”増えた!?Σ( ̄ロ ̄|||)
さはんじさんファンのわたしとしては
ライバル(?)が増えるのは・・・(;´Д`)ノ (笑)
でも、そうですよね
楽しいですもん♪(・∀・)
さはんじさんの記事も、キャラも(←おいw)。

検索キーワードってホント、ときどき
そのワードで自分の元へたどり着いたことが
不思議だったり、びっくりだったり
ときには、申し訳なく思っちゃったり・・・
そういうこと、ありますよね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)
以前に、カメラのことを調べたくて検索したら
わたしのブログにたどり着いて
「ぴえーる」発言に遭遇した、って人がいました(笑)。
(「ぴえーる」は、わたしのデジカメのことですw)
知り合って、友だちになって
しばらくしてから
その話を聞かせてもらいました(;´▽`A``

ところで、さはんじさん♪
「音の基礎講座7 音を打ち消す?」
のとき、開講のチャイム
「きーんこーんかーんこーん」
って・・・音が鳴らなかった(。・ε・。)
なので、気持ちのスイッチがうまく入らず
授業に集中できませんデシタo<。・ω・。>o なんちゃって(笑)

2011.12.09(Fri) 14:12 | URL | EDIT

さはんじ

Re: ((φ(..。)

>まーるさん
コメントありがとうございます!

いやいや、ぐんと増えたといっても、元々が微々たるアクセス数だった訳ですから、まだまだ大した事はありません。私のキャラももちろんあると思いますが(ウソでーす)、おきてがみがメンバーを毎日ランダム表示するようになった事で、来訪者が増えたのだと思います。だからきっとそれはこのブログに限ったことではないと思いますよ。

>開講のチャイム
>「きーんこーんかーんこーん」
>って・・・音が鳴らなかった(。・ε・。)

あいや、こりゃまた失礼しました。
これ、クドいかな~って前から思っていたので、今回は省略しちゃったんですが。
授業に集中できないのは一大事なので、例のきーんこーんかーんこーんにお馴染み(?)のMIDIファイルのリンクを張っておきました。

2011.12.09(Fri) 17:25 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。