1. 有栖川有栖「ハードロック・ラバーズ・オンリー」(04/16)
  2. 検索キーワード申告を休止します(06/06)
  3. 2016年4月の検索キーワード(05/06)
  4. 2016年3月の検索キーワード(04/06)
  5. 2016年2月の検索キーワード(03/08)
→次のページ

有栖川有栖「ハードロック・ラバーズ・オンリー」

2018.04.16(Mon)


江神二郎の洞察 (創元推理文庫)
有栖川 有栖
東京創元社
売り上げランキング: 48,452

2年近く放ったらかしのブログですが、しれっと更新したりします(汗)。
しかもそれがなぜか本のレビューだというのは気まぐれにもほどがあるとのお叱りを受けそうですが、そもそも現在でもこのブログを気にかけてくださる方がいらっしゃるのだろうかという疑問も捨て去れない訳で…。
ま、いろいろ考えても仕方ないし、気にせずひっそりと書いちゃいましょう(笑)

という訳で、今回ご紹介するのは有栖川有栖「ハードロック・ラバーズ・オンリー」です。これは同氏の人気本格ミステリシリーズ「学生アリス編」の短編集『江神二郎の洞察』に収録されている作品です。

検索キーワード申告を休止します

2016.06.06(Mon)

検索キーワード申告の記事ですが、現在のように本編の記事更新が滞っている状態でこれ以上続けても仕方がないと、ずいぶん前から思ってはいました。前回の記事にも少し書きましたが、やはりしばらくお休みすることにします。
長々と続けすぎてしまいましたね。

このブログのメインテーマである、音に関する内容の記事で更新ができるように頑張りたいと思います。

2016年4月の検索キーワード

2016.05.06(Fri)

早いものでもう今年も3分の1が過ぎてしまったことになります。
GWももう終盤、そろそろ社会復帰しなくちゃですね。という訳で、4月のキーワード申告です。

 第1位 「周波数 打ち消す」 →関連記事はこちら
 第2位 「位相反転」 →関連記事はこちら
 第3位 「ワウフラッター」 →関連記事はこちら
さはんじ賞 該当作なし

ひとこと
前回と同じワードが1位になりました。しかもダントツの検索数です。2語の組み合わせがこれほど検索されているのはなんだか不思議な気がします。どこかで話題にでもなっているのでしょうかね。
さはんじ賞は久しぶりに該当作なしという事になりました。非常に残念です。当サイトではユニークな検索ワードでのご来訪をお待ちしておりますです、はい。


さてそれでは、記事ごとのランキングです。

 第1位 音の基礎講座7 音を打ち消す?
 第2位 あなろぐ懐古ログ 「スクラッチノイズ」
 第3位 Simon & Garfunkel「THE BOXER」
 第4位 ラウドネスって、ナンだねス?
 第5位 Grover Washington, Jr.『WINELIGHT』

うーん、変わり映えのしないランキングですね。
私の中で、この企画を続けていくモチベーションが下がってしまいそうです。
もうちょっと記事の更新ができるようになるまで、休んだほうがいいのかもしれません…。


検索数 394件

yahoo:372件 google:14件 goo:4件 biglobe:3件

(ちなみにウェブマスターツールによると、Google検索のクリック数は1465となっています)

  よろしければランキング投票をお願いします→ 

2016年3月の検索キーワード

2016.04.06(Wed)

4月になり、ようやく春の陽気がやってきました。とは言ってもまだ肌寒い日があったりしますので、油断せずに体調管理はしっかりとやっていきたいものですね。そしてそして、4月といえばこの「サウンド・サイド」の開設記念日が4月1日だったりする訳です。ついに6年も経ってしまいました。更新はなくとも月日だけは確実に過ぎていくのですねえ。
アクセスのトータルも10万を超えて、あとは私のやる気次第といったところなんですが(汗)まあ、気張らずに(少しは気張れ、という声も…)いきませう。ということで、3月の検索キーワード申告です。

 第1位 「周波数 打ち消す」 →関連記事はこちら
 第2位 「リーリトナー 代表曲」 →関連記事はこちら
 第3位 「ラウドネスとは」 →関連記事はこちら
 第3位 「位相反転」 →関連記事はこちら
さはんじ賞「口座がないか、口座がないか 急に音声が聞こえる パソコン」

ひとこと
今回1位のワードは2語の組み合わせということで、同じ人が何度も検索したのではないかと思うのですが、それにしては数が多いかなとも思います。まあ一般的な単語の組み合わせではあるので、複数の人が同一ワードで検索をかけることも無くはないでしょうかね。第2位のワードは、私も見た瞬間に思わず頷いてしまいました。誰もが認める世界的ギタリストのリー・リトナーですが、代表曲を1曲選べと言われると困ってしまうんです。昔、友人とこのテーマで議論したことも懐かしく思い出したりしました。
そしてさはんじ賞です。こわっ。ホラーか新手のコンピュータウィルスか、状況を想像すると背筋が寒くなりますね。もちろんこのブログのどこに関連記事があるのかはわかりませんです、ハイ。


さてそれでは、記事ごとのランキングです。

 第1位 音の基礎講座7 音を打ち消す?
 第2位 ラウドネスって、ナンだねス?
 第3位 あなろぐ懐古ログ 「スクラッチノイズ」
 第4位 Simon & Garfunkel「THE BOXER」
 第5位 あなろぐ懐古ログ 「テープ編集」

お馴染みの顔ぶれの中に、ひょっこり「テープ編集」の記事が現れました。オープンリールテープの編集や、スプライシングテープに関する検索が多かったですね。毎月「あなろぐ懐古ログ」の記事に検索でやってくる人は結構多いですから、実は私が思っているよりもアナログ機器の愛用者はたくさんいるのかもしれません。


検索数 451件

yahoo:422件 google:20件 biglobe:5件 goo:3件 nifty:1件

(ちなみにウェブマスターツールによると、Google検索のクリック数は1500となっています)

  よろしければランキング投票をお願いします→ 

2016年2月の検索キーワード

2016.03.08(Tue)

今回は記事のアップが1週間ほど遅れてしまいました。そのためここ数日は広告が表示され、このブログが見にくい状態になっていました。本当にすみませんでした。
そんな中、アクセスカウンターはなんと100,000アクセスを突破しました! 皆様の日頃のアクセスに感謝感謝であります。さて、それでは恒例の検索キーワード申告、いってみましょう!

 第1位 「ワウフラッター」 →関連記事はこちら
 第2位 「グローバーワシントンjr.」 →関連記事はこちら
 第3位 「スパイロジャイラ」 →関連記事はこちら
さはんじ賞「すざんぬヴぇが Solitude standing」 →関連記事はこちら
さはんじ賞「ボクサー サイモンとがーふぁンくる」 →関連記事はこちら

ひとこと
今回もお馴染みの検索ワードが上位を占めました。なんだかカタカナばっかりじゃん、というくらいの感想しか思いつきませんねえ(笑)。いつも思うのですが、グローバー・ワシントン・ジュニアやスパイロジャイラの検索をしている人が多いのは、なんだか不思議な感じがします。
そしてさはんじ賞ですが、今回は同じテーマ(?)のものをふたつ選んでみました。なぜ平仮名の中に一文字だけカタカナが混入してしまうのか、そしてそのまま検索してしまうのか、謎です。一体どういう現象が起きているのでしょう?


さてそれでは、記事ごとのランキングです。

 第1位 音の基礎講座7 音を打ち消す?
 第2位 Simon & Garfunkel「THE BOXER」
 第3位 ラウドネスって、ナンだねス?
 第4位 あなろぐ懐古ログ 「スクラッチノイズ」
 第5位 Grover Washington, Jr.『WINELIGHT』

今回も前回と同じ顔ぶれです。2位と3位が入れ替わっただけですね。
集計が大変な割に、変わり映えのしない結果が続くのは寂しいものがあります…。

検索数 401件

yahoo:372件 google:19件 goo:6件 biglobe:4件

(ちなみにウェブマスターツールによると、Google検索のクリック数は1555となっています)

  よろしければランキング投票をお願いします→ 

プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑