1. Lee Ritenour『RIO』(06/25)
  2. 佐野元春『VISITORS』(06/10)
  3. あなろぐ懐古ログ 「テープ編集」(05/21)
  4. リミックスのできるWebアプリ(04/30)
  5. プロフィール画像を変更しました(04/24)
前のページ← →次のページ

Lee Ritenour『RIO』

2014.06.25(Wed)


イン・リオイン・リオ
(1998/07/29)
リー・リトナー

商品詳細を見る


巷の話題はと言えば、やっぱりサッカーワールドカップということになるのでしょう。日本代表は残念な結果に終わりましたが、これからの決勝トーナメントも大いに盛り上がるのではないかと思います。さて、サウンド・サイドでは4年前にW杯開催国の南アフリカにちなんでポール・サイモンの『グレイスランド』をピックアップしたのですが、今回はブラジル大会ということで、1979年に発表されたリー・リトナーの『イン・リオ』をレビューに選んでみました。このアルバムのタイトルが『イン・リオ』なのか『リー・リトナー・イン・リオ』が正しいのか、CDのジャケットを見る限り微妙なところなのですが、まあここはAmazonの表記に倣って『イン・リオ』ということにしておきましょう。ちなみに海外盤では『RIO』だそうで、なんだかややこしいですなあ(笑)。

ブラジリアンテイストのCDは数限りなくありますが、そんな中でこのアルバムを選んだのはまったくの思いつきであります。日本代表の予選リーグ敗退の悔しさを胸に、そして何やら訳のわからない今年の梅雨空に、この爽やかな音楽を聴いて心を落ち着けてみるのもいいんじゃないでしょうか。
強引ですか? いや、いーんです!(笑)

佐野元春『VISITORS』

2014.06.10(Tue)


VISITORS 20th Anniversary Edition (初回限定盤)(DVD付)VISITORS 20th Anniversary Edition (初回限定盤)(DVD付)
(2004/02/25)
佐野元春

商品詳細を見る


久々のCDレビュー、今回は1984年に発表された佐野元春4枚目のアルバム『ヴィジターズ』を取り上げてみようと思います。単身ニューヨークへ渡った佐野元春が、それまでの日本の音楽シーンには無かったような楽曲を突然発表した衝撃は、今でもはっきりと覚えています。メジャー系レーベル所属の日本人ミュージシャンとして初のラップ楽曲を収録し、ヒップホップの要素を大胆に取り入れたこのアルバムは賛否両論さまざまな評価を受けましたが、アルバムチャート第1位を記録しました。そして、バージョン違いやAB面を含めると、なんと収録された8曲すべてがシングルカットされています。

今なお色あせないこのアルバム、今年の秋にはリリース30周年記念のCD『VISITORS DELUXE EDITION』が発売されるそうなので、ここでサウンド・サイドなりのレビューをしてみようと思い立った訳です。今回私が聴いたCDは、2004年にリリースされた『VISITORS 20周年アニバーサリー・エディション』です。10年ごとに記念盤が出ることからも、このアルバムがいかに支持されているかが窺い知れますね。

あなろぐ懐古ログ 「テープ編集」

2014.05.21(Wed)

アナログ録音にまつわる懐かしい話題をピックアップする「あなろぐ懐古ログ」、今回はテープ編集についてお話ししようと思います。いわゆる音声の切り貼り編集の事で、現在のDAWや波形編集ソフトなどのデジタル音声技術を持ってすれば誰でもちょいちょいと簡単にできてしまうのですが、かつてはそれなりに経験と技術を要する作業でありました。

「切り貼り」という言葉通りに、まさに録音テープをハサミでちょん切って音声編集してしまうという力技(?)です。しかし細かな編集をカセットテープで行うのは無理があると言わざるを得ません。やはりテープ編集は、オープンリール式テープレコーダーならではの大きな利点であると言えるでしょう。

リミックスのできるWebアプリ

2014.04.30(Wed)

とても興味深いサイトを教えてもらったので、こちらでもご紹介します。
ピーター・ガブリエルの名曲「スレッジハンマー」のマルチトラックデータを、ブラウザ上でリミックスすることができるWebアプリで、これはニューヨーク大学のmusEDlab(music Experience Design lab)のサーバーに公開されているものだということです。

各パートのレベルフェーダー、パンポット、ソロ、ミュートを自由に操作することができ、もちろんそれだけでも楽しいのですが、ボーカルや楽器の音が個別に聴けるので、DTMなどの音楽製作をしている人にとっては録音やアレンジにおいて大いに参考になると思います。
ドラムセットやホーンセクション、複数のギターやボーカルなどはひとつのトラックにまとめられているし、エフェクトも既にかかった状態になっているので、あまり細かいミックスはできませんが、こういったデータを公開するのはすごい事ですよね。

peter-gabriel-sledgehammer-web-audio-api-app.jpg

サイトはこちら→ Sledgehammer – Peter Gabriel

最初のデータの読み込みに時間がかかりますが、ミキシング操作はなかなか軽快にできます。
ぜひ一度遊んでみてくださいね。

  よろしければランキング投票をお願いします→ 

プロフィール画像を変更しました

2014.04.24(Thu)

まあ誰も気付かないでしょうけどね(笑)

私のプロフィール画像にはMACKIE DESIGNSのミキサー、CR1604のレベルメーター周りをクローズアップした写真を使っています。このブログを始めた時から4年間ずっと同じものを使い続けてきました。
表示サイズは120×120ピクセルで、このブログ以外に使うあてもないし、必要以上に重くならないようにと、きっちりサイズ調整をして作った訳です。

ところが近年では、TwitterやYouTubeなどあちこちのサイトでプロフィール画像が要求されるようになりました。さはんじ名義で登録しているサイトでは同じ画像を使っているのですが、このところ画像サイズが小さすぎて表示できないというケースが増えてきてしまったので(哀)、よっしゃ、ここらで画像サイズを大きくしようか、と(今更ながら)思い立ったのです。

で、ここが私のいい加減なところなのですが、画像サイズを(120×120に)調整する前の写真が残ってなかったのですね。おそらく、どうせ他では使わないのだからと削除してしまったのでしょう。
ま、それなら撮影しなおせばいいじゃん、という訳で、今回のプロフィール画像の変更に至ったのです。

とは言っても、さて、どこが変わったのでしょうか? と、クイズになるくらいのもんです。

SSPhotoB-F.png

画角はなるべく同じになるようにしたので、画像から受ける印象は変わらないはずです。
まあ細かな色合い等は別にして、変わったのはパンポットがステレオに広げられたのと、点灯しているレベルメーターが左右のチャンネル共に1ポイントずつ低くなっている、くらいでしょう。

別に、ブログの内容をより広げていこうとか、記事の更新が減ってブログのレベルが下がっていると云った、自虐的な深い意味合いが含まれている訳ではありません。ええ、決してそうではありません。ホントです。
実際、私自身が撮影後に「あら、違ってるじゃん?」と気付いたくらいですからね。
肝心の画像サイズは約400×400ピクセルになって、とりあえずはめでたしめでたし、です。

以上、こんな記事を書かなければ、おそらく誰も気付かないであろう画像変更のお話しでした。


  よろしければランキング投票をお願いします→ 

プロフィール

さはんじ

Author:さはんじ

FC2カウンター

ブログランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

おきてがみ


足あとを残せます。

アーカイブ

 

検索フォーム

Amazon 特集情報



Google AdSense

まずは「知る」ことが大切


blogram

にほんブログ村ランキング

↑